FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖渉二 (8)

大正・昭和の秘本シリーズ 「肉酔の姦罪人」

 「もう離れないわ、ずっとこのまま、二人一緒よ、誰になんといわれようと別れない、もっと強く抱いて!」
 由紀の絶叫が、俺の全身を快く痺れさせた。
 しかし、もうひとりの俺は、由紀の言葉を信じきってはいなかった。結局は、一時の昂奮がいわせた寝物話となるだろう。俺の激しさに酔いしれた由紀の、迷い言なのだ。
 由紀には出征中とはいえ夫がいる。子供もいる。
しかも、俺たちは従姉弟の関係だ。肉欲の嵐が通り過ぎれば、覚めないわけがない。由紀が「雪国に旅してみたい」といったのは、別れを決意していたからだ。ーー俺は、由紀の決意を翻すべく、遮二無二責め続けた。

***

 突然、身体を離したので由紀は驚いたみたいだ。だが躊躇せず、両腕で由紀の股を抱えこんで、その間に顔を埋めた。鼻先に触れた秘毛は湿っていた。俺は思いきって舌でクリXXXを舐めあげ、さらに唇に挟んで、吸ったりしゃぶったりした。ただただ、由紀の心を奪いたい一心で行った。
 「まあ、汚いわ、やめてちょうだい……」
 「由紀ちゃんの身体で汚いところなんてあるもんか」
 俺は構わず口撫を続けた。両手で裂け目を広げて、舌を伸ばせるだけ進めて肉襞を抉りまわすと、粘っこい分泌液が湧き出て、俺の唾液と混じり合って、割れ目からあふれた。

oki-syouji-1998-12-a.jpg
沖渉二先生礼賛

oki-syouji-1998-12-b.jpg
沖渉二先生礼賛

oki-syouji-1998-12-c.jpg
沖渉二先生礼賛

oki-syouji-1998-12-d.jpg
沖渉二先生礼賛
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。