FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖渉二 (15)

大正・昭和の秘本シリーズ - 夢追う美肉
 一方的に別れを告げられた白崎は、目の前の魅惑的な肉体に未練を残すものの、両掌で股間を覆ったまま、しばらく動けないでいた。
 すると玲子は、白崎のズボンに手をかけ、前のボタンを外すと中に手を突っ込み、すでに猛っている肉茎を握り締めた。
 「ね、脱いでちょうだい。これが最後よ」
 白崎は無言のまま頷くと、服を脱ぎはじめた。その間に玲子は、素早く全裸になって、誘うようにベッドに横たわった。別離を決意した恋人に対しても、何もためらう様子は見えなかった。
 「あたし、あなたのこと嫌いになったわけじゃないの。武器にするの、このからだ……」
 白崎は、じっと玲子の陰裂を見つめた。
 まだいくらも経験がないそこは、薄紅色で慎ましい。にもかかわらず、中の花芯は、玲子の野心を表わすように、赤く充血してそそり立っていた。そして粘液腺からは、まださして刺戟もされていないのに、透明な涙のような液が湧いていた。
 指をそこに触れると、べっとりとくっついて、指を離すと美しい糸を引いて垂れた。ナイロンの糸のように、輝いていた。
 白崎は耐え切れず、花裂に頬を擦りよせていった。
 ちなみに玲子は「女優志願」の二十四歳の女。男と別れてスターの道を歩もうとしていた。

oki-syouji-1999-2-a.jpg
沖渉二先生礼賛

oki-syouji-1999-2-b-thumb.jpg
沖渉二先生礼賛

oki-syouji-1999-2-c.jpg
沖渉二先生礼賛

oki-syouji-1999-2-d-thumb.jpg
沖渉二先生礼賛

スポンサーサイト
[PR]

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。